【はじまり】スカートの起源のこと

【はじまり】スカートの起源のこと

スカート(skirt)は、広義には衣服や物体のすそ、縁などを意味しますが、今日では多くの場合、女性用のスカート(腰より下を覆う筒状の衣服)のことを指します。

下半身の保護や衣服の装飾に用いられるこれの起源は、中世、手ぬぐいのような布を下衣(下着)に使用したこと、と言われています。以後、衣料の原型として立体的なデザインに発展し、17世紀ぐらいまでは、男女問わずスカートをはいていました。

しかしその後、男性が動きやすさの点からズボンを取り入れたことにより、スカートは主に女性の服装として残りました。女性用の下半身衣を独立させてスカートと呼ぶようになったのは、19世紀以後のことです。

現在では長さや形状,装飾,裁断,用途などによって多様な種類・名称があります。

関連記事

  1. 【小物編】スカートにあわせるバッグの選び方
  2. 【丈で違う?】ミニスカートのおすすめコーディネート
  3. 【迷っちゃう】スカートの選び方のこと
  4. 【丈で違う?】膝丈スカートのおすすめコーディネート
  5. 【小物編】スカートにあわせる帽子の選び方
  6. 【WOMEN】スカートの男性おすすめコーディネート
PAGE TOP