【お勉強】スカートの歴史のこと

【お勉強】スカートの歴史のこと

スカートというのは、現在では主に女の人が下半身にはくものとして定着されているものですが、このようになったのは歴史があるもので、女の人が中心にはくようになったとされる時代は中世以降とされています。

もともとスカートというのは男女兼用のはきものという普及がされていましたが、男性がスカートよりもズボンのほうが動きやすいものに定着がされるようになっていったため、男性は中世以降にいたってはスカートをはかなくなったと言われています。

中世以降からは主に女の人の衣類で普及がされてきましたが1960年代あたりからは短いデザインのミニスカートも普及がされるようにファッションのひとつとして現在にいたっているものです。

関連記事

  1. 【DIY】スカートの作り方のこと
  2. 【お古は嫌!】スカートの簡単アレンジ方法
  3. 【丈で違う?】膝丈スカートのおすすめコーディネート
  4. 【丈で違う?】マキシスカートのおすすめコーディネート
  5. 【丈で違う?】ロングスカートのおすすめコーディネート
  6. 【迷っちゃう】スカートの選び方のこと
PAGE TOP